かつしか江戸川病院(旧高砂協立病院)|内科、循環器内科、糖尿病内科、整形外科、スポーツ整形外科、リハビリ科、リウマチ・骨粗鬆症、泌尿器科、放射線科|東京都葛飾区高砂の病院です。|京成高砂駅から6 分。お気軽にご相談ください。

こんにちは。

5月らしくなってまいりましたね。

ゴールデンウィーク明けの5/6(土)、葛飾区西水元にある養護老人ホーム「高砂園」にて、当院の理学療法士である我妻が講演を行ってきました。

高砂園は当院と同じ、社会福祉法人仁生社の関連施設になります。

「普段イケメンと呼ばれています我妻です」本人談

当日は高砂園内のホールに多くの方が集まり、今回の「転倒予防教室」に参加してくださいました。

講演のなか、「あぁ~・・・」といった声や、「へえぇー!」という声が聞かれました。

普段、何気なく行っている動作の中に転倒の危険性が高いものがあったり、転倒しやすい時間、場所などについてお伝えすることで、普段の行動・活動に意識付けができるようになると健康意識が高まった証拠ではないでしょうか。

片足立ち何秒できるか?!

足を床から上げて、片足立ちを続けられる時間を測っています。この姿勢保持時間が転倒リスクの目安になるとされています。

熱を帯びてくる会場

 

我妻が踊っているわけではありません。

これは「足踏みをしながら」「じゃんけん」をしています。

しかも、後出しで「ワザと負けてください」という注文をしています。

「足踏み」と「じゃんけん」、それに「意図的に負ける」という複数のことを同時に行うという運動で、身体と同時に頭も使う、認知症予防にも繋がる運動です。

 

歩いている途中で話しかけられて、足を止めて考え込んでしまう。

よくある風景かと思いますが、、歩みを止めずに、一緒に歩きながら会話ができるということは体も頭も使ったとても心身に良い刺激を与える運動です。

多くの方に参加いただき、自身の健康に向き合う方が多いことは皆にとって嬉しいことだと感じられる時間でした。

この場を提供して頂きました高砂園に感謝申し上げます。

今後ともよろしくお願いします。

 

かつしか江戸川病院

玉井真幸