かつしか江戸川病院(旧高砂協立病院)|内科、循環器内科、糖尿病内科、整形外科、スポーツ整形外科、リハビリ科、リウマチ・骨粗鬆症、泌尿器科、放射線科|東京都葛飾区高砂の病院です。|京成高砂駅から6 分。お気軽にご相談ください。

こんにちは。

検査科の〇山と申します。

突然ですが、みなさん「臨床検査技師」という職業をご存知ですか?

臨床心理士なら知っている!とはよく言われるのですが…それとは違うんですよ(-“-)

医師や看護師と比べると地味な職業ですが、病院の縁の下の力持ち的な存在として日々頑張っています。

かつしか江戸川病院で青い白衣を着ているスタッフが臨床検査技師なのですが、あまり見かけませんかね…(´・ω・`)

普段は検査室で採血された血液や採尿された尿の検査をしているのですが、もちろん患者さんと接する検査もあります。

健診項目である心電図や超音波検査(エコー検査)といった生理検査では青い白衣の私、〇山が検査しています。

検査室で一人奮闘する〇山

検査室で一人奮闘する〇山

 

最近、某テレビドラマで臨床検査技師が出てきたのですが、臨床検査技師の私はもちろん見ていました。今まで医療系のドラマは数多く放送されていますが、あのドラマのように目立った役柄として臨床検査技師が注目されたことがとても嬉しかったです。

そのドラマの中での臨床検査技師は病理検査を担当していました。

「病理検査」とは患者さんから採取された臓器や組織から顕微鏡標本を作製し、病気を検査・診断します。診断は病理医が行いますので、臨床検査技師は標本作成までを担当することになりますね。病理医正しい診断をできるようにするためにもきれいで見やすい標本を作製することが重要になるので、臨床検査技師の腕の見せ所です。

顕微鏡で標本作成をする〇山

顕微鏡で標本作成をする〇山

 

「血液や尿の検査嫌じゃないの?」なんて言われることもありますが、少しの血液や尿でいろんなことがわかるし、それが病気の診断に役立つと思うと、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

まだ将来の夢が決まっていない若者諸君、セカンドキャリアを何か考えている方!臨床検査技師も視野に入れてみてはいかがですか?

楽しいですよ( *´艸`)

以上、検査課〇山でした。

以上、検査課〇山でした。