かつしか江戸川病院(旧高砂協立病院)|内科、循環器内科、糖尿病内科、整形外科、スポーツ整形外科、リハビリ科、リウマチ・骨粗鬆症、泌尿器科、放射線科|東京都葛飾区高砂の病院です。|京成高砂駅から6 分。お気軽にご相談ください。

こんにちは。

今回は当院の医療ソーシャルワーカーの役割について紹介させていただきます。

 

当院には医療ソーシャルワーカー(以下、MSWと略)が1名在籍しております。この職種は全体的に女性が多い傾向にありますが、当院のMSWは男性です。

資格としては「社会福祉士」という国家資格のもとで働いております。

 

沖縄の大学で学びました。

沖縄の大学で学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、この病院内で、どのような業務をしているかというと…

・入院相談

・退院援助

・生活療養についての相談

・地域医療連携業務
が主な仕事でしょうか。他にも種々の業務を行っておりますが、それは今後紹介させてください。

同じ病気であっても、どこに住んでいるか、どのような環境で生活をされているか、年齢や職業、家庭内での役割は人それぞれ異なるものだと思います。

近年は介護保険をご利用の方も増えてきています。それに伴い、地域のケアマネージャーさんとの連携も重要になります。良好な連携が行われるよう努めてまいります。

この「かつしか江戸川病院」が、葛飾区とその近隣の住民の皆様にとって必要な病院、資源として在り続けることができるように、日々走り回ります(院内は決して走りません!)。

 

当院のMSWは男性です。

当院のMSWは男性です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに…当院自慢のリクガメ達の入浴介助もしてますよ。

 

今後、日本の社会保障情勢もどんどん変化していきます。そういった社会保障制度のご案内なども、このブログを通してお伝えできればと考えております。

それでは今後ともよろしくお願いします!

 

医療ソーシャルワーカー 玉井